社長挨拶

2011年の大津波、原発の事故は現実です。

日本は自然豊かでありながら未来的な部分も強く、国民性も穏やかで優秀な人が多い、四季があり、

料理も健康的であり美味し、秋に収穫されるお米、日本の海で獲れる魚は最高です。

その上、医療も、社会福祉も充実しています。

夜に1人で歩いても全然怖くない国、こんな平和な国はほかにありません。

日本文化、日本という世界の好評価、先人の方、現在の方が築かれた凄く大きな財産です。

日本は世界の財産です。これは守り、継承しなければいけないと思っています。

学生時代7年間、アメリカ、ヨーロッパで過ごし海外旅行も好きで色々な国に行きますがこんな良い国はありません。

ずっと日本に居ていたらその良さも見えてきにくいですが、私は日本の事が心底好きです。

2011年1000年に1度と言われる大津波

政府、官民、様々な方が全力で対応しましたが、自然には勝てず、日本の国土が変わってしまいました。

東北の子供達の事や、私が住ませて頂いている大好きな日本の国土が変わってしまった事、悲しむ方が沢山居られる事は心が苦しいです。

自分が日本国に貢献できる事は全力でやりたいと思いました。

世界、政府が進める再生エネルギーのプロジェクトは環境、経済が良くなる事は良い事というのは分かります。

また日本国の国力の強化にも貢献できると思っています。

以前にあった、計画停電、大規模停電の防止にも貢献できます。

災害時の停電の時も太陽光発電所で賄っているエリアでは太陽光が発電する限り停電せず災害時にも貢献できます。

世界、政府が進めるプロジェクトに参加させて頂く事は大変嬉しく、大変光栄と思い参加しようと思いました。

今後もさらなる自社発電所の増設、普及活動に取り組みたいと思っております。

ミキエナジー株式会社

代表 菖蒲 秀高